日本と海外?主夫目線のFX口座の選び方

FXをはじめるにあたって取引をするための口座が必要になるのですが、口座選びはとても重要なポイントです。

ここでは主夫(主婦)目線で口座を選ぶポイントを解説します。

【日本と海外?FX口座選びの大きな選択肢!】

FX口座は大きくわけて日本の口座と海外の口座があって、それぞれ以下のような特徴があります。

日本のFX口座の特徴

  • 取引にかかるコスト(手数料・スプレッド)が小さい
  • 入金や出金の手続きが簡単
  • レバレッジが小さいので大きな資金が必要

海外のFX口座の特徴

  • 取引にかかるコスト(手数料・スプレッド)が高い
  • 入金や出金の手続きがややこしくてわかりにくい
  • レバレッジが高いので少ない資金で運用できる

【海外のFX口座のメリット】

FXに使えるお金や、取引や運用のやり方によってどちらの口座が向いているという話になるのですが、主夫とFXでは海外の口座をおすすめしています。

一番大きなポイントは海外のFX口座では少ない資金でそれなりの利益を得ることができるからです。

主夫(主婦)向けのFXですから、例えば5万円、10万円といった少ないお金でも月に5~10万円くらいFXで稼ぐことも可能です。

【海外FX口座のデメリット対策】

日本の口座に比べて劣っている、高い取引のコストや入出金の手続きの煩雑さも、しっかりと対策をすることでデメリットをなくす、小さくすることができます。

口座選びとキャッシュバックで取引にかかる手数料・スプレッドを安く抑える!

海外のFX口座もたくさんあるのですが、取引にかかるコストが小さい業者を選ぶことが重要です。
その上でキャッシュバックを利用することで、日本のFX口座と同じくらいに取引にかかるコストを抑えることができます。

わかりにくい入出金の手続きも一度覚えてしまえば簡単!

海外のFX口座の入出金はいろいろ制約があったり、説明がわかりにくかったりするので、FX取引がはじめての人はかなり戸惑うポイントです。
でも、一度覚えてしまえば特に難しいことはありません。日本のFX口座と同じようにスムーズに入出金を行えます。

カテゴリーFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です