海外FX向け専業主婦におすすめのクレジットカード

FX取引におけるクレジットカードの役割ですが、主に口座への入金で使うことになります。

海外のFX口座を利用する場合、オンラインウォレット(bitwallet)経由で入出金をする場合もあります。主夫とFXで第一におすすめしているTradeviewもそうです。

bitwalletではJCBのクレジットカードが利用できないので、JCB以外のVISA・Mastercard・AMEX・Dinersからクレジットカードを選ぶ必要があります。

なかでもVISAとMastercardが入金手数料が少し安いのでおすすめです。

ここまでの話をまとめると、海外FXにはVISAかMastercardのクレジットカードが必要になるということです。

さてブランドがVISAかMastercardに決まったので、ここからは具体的に専業主婦におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

楽天ピンクカード

楽天市場でのポイントが最大3倍になる、とってもお得なクレジットカードです。

入会金・年会費無料で、ブランドもVISAとMastercardに対応しているので海外FXにも問題なく利用できます。

普通の楽天カードとの違いは、カードのデザインが選べること、女性向けの優待サービスや保険・補償を受けられることです。女性ならこの楽天ピンクカードを選んだ方がいいと思います。

自分もピンクではない普通の楽天カードを持っています。楽天カードを作ってから、楽天市場を利用することが増えました。

いままではAmazonが多かったのですが、やはりポイントの特典は大きいです。併せてスマホの楽天アプリを利用するとさらにポイントが貯まります。

イオンカード

イオングループのクレジットカードです。楽天カード同様に入会金・年会費無料で、ブランドもVISAとMastercardに対応しているので海外FXにも問題なく利用できます。

イオン・ダイエー・ウエルシア薬局・ミニストップなど、普段からイオングループでのお買い物が多い場合はこちらのカードがおすすめです。

イオングループの対象店舗はこちらで確認できます。

またイオンカードは各種電子マネーを選べるのも特徴です。基本はWAONですが、Suica・Kitaca・SUGOCAの交通系電子マネーを選択することもできます。

イオンカードは種類が多いので作るときに迷ってしまいそうですが、イオンセレクトカードかイオンカード、交通系電子マネーとセットになったイオンSuicaカード(Kitaca・SUGOCA)から選べばいいと思います。

【重要】イオンカードセレクトは引落し銀行口座がイオン銀行のみなので注意して下さい。イオン銀行口座以外を引落し口座に指定する場合は、イオンカードかイオンSuicaカードなどを選んで下さい。

カテゴリーFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です