海外FX向け専業主婦におすすめのクレジットカード

FX取引におけるクレジットカードの役割ですが、主に口座への入金で使うことになります。

海外のFX口座を利用する場合、オンラインウォレット(bitwallet)経由で入出金をする場合もあります。主夫とFXで第一におすすめしているTradeviewもそうです。

bitwalletではJCBのクレジットカードが利用できないので、JCB以外のVISA・Mastercard・AMEX・Dinersからクレジットカードを選ぶ必要があります。

なかでもVISAとMastercardが入金手数料が少し安いのでおすすめです。

ここまでの話をまとめると、海外FXにはVISAかMastercardのクレジットカードが必要になるということです。

さてブランドがVISAかMastercardに決まったので、ここからは具体的に専業主婦におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

楽天ピンクカード

楽天市場でのポイントが最大3倍になる、とってもお得なクレジットカードです。

入会金・年会費無料で、ブランドもVISAとMastercardに対応しているので海外FXにも問題なく利用できます。

普通の楽天カードとの違いは、カードのデザインが選べること、女性向けの優待サービスや保険・補償を受けられることです。女性ならこの楽天ピンクカードを選んだ方がいいと思います。

自分もピンクではない普通の楽天カードを持っています。楽天カードを作ってから、楽天市場を利用することが増えました。

いままではAmazonが多かったのですが、やはりポイントの特典は大きいです。併せてスマホの楽天アプリを利用するとさらにポイントが貯まります。

イオンカード

イオングループのクレジットカードです。楽天カード同様に入会金・年会費無料で、ブランドもVISAとMastercardに対応しているので海外FXにも問題なく利用できます。

イオン・ダイエー・ウエルシア薬局・ミニストップなど、普段からイオングループでのお買い物が多い場合はこちらのカードがおすすめです。

イオングループの対象店舗はこちらで確認できます。

またイオンカードは各種電子マネーを選べるのも特徴です。基本はWAONですが、Suica・Kitaca・SUGOCAの交通系電子マネーを選択することもできます。

イオンカードは種類が多いので作るときに迷ってしまいそうですが、イオンセレクトカードかイオンカード、交通系電子マネーとセットになったイオンSuicaカード(Kitaca・SUGOCA)から選べばいいと思います。

【重要】イオンカードセレクトは引落し銀行口座がイオン銀行のみなので注意して下さい。イオン銀行口座以外を引落し口座に指定する場合は、イオンカードかイオンSuicaカードなどを選んで下さい。

主夫がはじめるFX!最初に準備するもの

FXをはじめるにあたって、口座の開設や入出金の手続き、FXの取引で必要になるものを紹介します。

FXについての情報収集と並行して準備していくといいです。

メールアドレス

FX口座や、クレジットカード、オンラインウォレットなどいろいろな手続きに必ず必要になります。

携帯電話のメールアドレスよりもGoogleのGmailなどを利用した方がいいです。

本人確認書類

FX口座とオンラインウォレットの開設に必要になります。

以下の2点を用意してください。

  • 運転免許証またはマイナンバーカード
  • 住民票(3ヶ月以内に発行したもの)または公共料金の請求書(名前が自分のもの)

クレジットカード(JCB以外)

オンラインウォレット(bitwallet)やFX口座に入金するときに使います。三井住友かみずほの銀行口座があればなくても大丈夫ですが、あった方がなにかと便利です。

クレジットカードを持っていない場合はこの機会に作っておくことをおすすめします。専業主婦でも普通にクレジットカードは作れるので安心して下さい。

【重要】クレジットカードは必ずJCB以外のカードにして下さい。

bitwalletではJCBのクレジットカードが使えません。なのでそれ以外のMaster・VISA・AMEX・Dinersのカードが必要になります。

FX向け主夫(主婦)におすすめのクレジットカード

銀行口座

出金の受け取り先として必ず必要になります。

基本的にどの銀行口座でも構いませんが、クレジットカードがない場合は三井住友またはみずほ銀行の口座を用意して下さい。

オンラインウォレット(bitwallet)への入金は、基本的にクレジットカード(JCB以外)で行いますが、三井住友またはみずほ銀行であれば銀行口座からの入金も可能です。

銀行口座からの入金の方がクレジットカードよりも手数料が安いので、三井住友またはみずほ銀行の口座があればこちらから入金するのがおすすめです。

パソコン(WindowsまたはMac)

一瞬の判断が重要になるFXでは操作性や情報量が重要になってきます。スマホやタブレットでも取引はできますがパソコンで取引をするのがベストです。

高価なパソコンは必要ありませんがディスプレイはフルHD以上で、画面が大きいものを選ぶようにしてください。

中古やオークション、フリマなどで探せば2万円以下でも見つかると思います。

インターネット回線

スマホの回線を利用する手もありますが、もしもの時のために自宅の回線とスマホの2つあった方がいいです。

少し前にもソフトバンクで大規模な通信障害がありました。ネットに繋がらないと取引ができなくなります。

動画などを見るわけではないので高速な回線は必要ありません。強いて言えば安定性を重視して回線を選んだ方がいいです。

TradeviewのcTrader口座のキャッシュバックが停止中!

【2月11日追記】TariTaliでキャッシュバックを再開したようです。詳しくはこちら

2019年1月17日現在、TradeviewのcTraderのFX口座でキャッシュバックが停止中です。

TariTali経由でTradeviewのcTraderの口座を開設したのですが、ステータスが確認中のまま、なかなかキャッシュバックの承認がされなかったので、直接メールで問い合わせたところ以下のような回答を頂きました。
現在TariTaliホームページにも同様の記述があります。

Tradeview側で正常なcTraderの取引レポートを提出できない疑いがございますため一時受付を停止させていただいております。
(正常な取引レポートをTradeview側が提出できない場合は弊社からお客様にキャッシュバックをお支払いすることができなくなります)

現在取引レポートの整合性の調査を行っているということなので、問題がないと確認でき次第口座開設の受付を再開するそうです。恐らく今月末までにはなんらかの動きがあると思います。

これはTariTaliだけではなく他のキャッシュバックサイトでも同様の問題が起こっているようです。

TradeviewのcTrader口座をメインで取引をしようと思っていたので、一旦仕切り直しです。

TradeviewのMT4(ILC)口座はキャッシュバックOK!

代替として考えられるのはTradeviewのMT4(ILC)口座です。取引ツールが異なるだけで、手数料とスプレッドはcTraderの口座と同じです。レバレッジも同じ200倍です。ちなみにMT5口座も取引コストは同じですがレバレッジが100倍です。

ただ最小注文数がcTraderでは1,000通貨(0.01ロット)なのに対し、MT4(ILC)では10,000通貨(0.1ロット)になってしまいます。

cTraderならTradeviewをキャッシュバックなしで使うのがベスト!?

cTraderにこだわるのであれば、AXIORYのcTrader口座が代替になるかと思ったのですが、よくよく考えてみるとTradeviewのcTrader口座をキャッシュバックなしで利用した方が取引コスト(手数料+スプレッド)が安くすみます。

AXIORYのcTrader口座はスタンダート口座とナノスプレッド口座(ECN)を選べます。ナノスプレッド口座(ECN)の方が取引コスト(手数料+スプレッド)は小さくなりますが、キャッシュバックを加味してもTradeviewの方が若干(USDJPY/0.1~0.2pips)勝っています。

1,000通貨?10,000通貨?最小注文数で選べばOK!

最小注文数が10,000通貨、取引ツールがMT4でも問題なければTradeviewのMT4(ILC)口座が第一候補です。最小注文数が1,000通貨、cTraderでの取引にこだわるならTradeviewのcTrader口座をキャッシュバックなしで使い続けるのがおすすめです。

日本と海外?主夫目線のFX口座の選び方

FXをはじめるにあたって取引をするための口座が必要になるのですが、口座選びはとても重要なポイントです。

ここでは主夫(主婦)目線で口座を選ぶポイントを解説します。

【日本と海外?FX口座選びの大きな選択肢!】

FX口座は大きくわけて日本の口座と海外の口座があって、それぞれ以下のような特徴があります。

日本のFX口座の特徴

  • 取引にかかるコスト(手数料・スプレッド)が小さい
  • 入金や出金の手続きが簡単
  • レバレッジが小さいので大きな資金が必要

海外のFX口座の特徴

  • 取引にかかるコスト(手数料・スプレッド)が高い
  • 入金や出金の手続きがややこしくてわかりにくい
  • レバレッジが高いので少ない資金で運用できる

【海外のFX口座のメリット】

FXに使えるお金や、取引や運用のやり方によってどちらの口座が向いているという話になるのですが、主夫とFXでは海外の口座をおすすめしています。

一番大きなポイントは海外のFX口座では少ない資金でそれなりの利益を得ることができるからです。

主夫(主婦)向けのFXですから、例えば5万円、10万円といった少ないお金でも月に5~10万円くらいFXで稼ぐことも可能です。

【海外FX口座のデメリット対策】

日本の口座に比べて劣っている、高い取引のコストや入出金の手続きの煩雑さも、しっかりと対策をすることでデメリットをなくす、小さくすることができます。

口座選びとキャッシュバックで取引にかかる手数料・スプレッドを安く抑える!

海外のFX口座もたくさんあるのですが、取引にかかるコストが小さい業者を選ぶことが重要です。
その上でキャッシュバックを利用することで、日本のFX口座と同じくらいに取引にかかるコストを抑えることができます。

わかりにくい入出金の手続きも一度覚えてしまえば簡単!

海外のFX口座の入出金はいろいろ制約があったり、説明がわかりにくかったりするので、FX取引がはじめての人はかなり戸惑うポイントです。
でも、一度覚えてしまえば特に難しいことはありません。日本のFX口座と同じようにスムーズに入出金を行えます。