基本的な順張りと逆張りのパターン。デイトレードのエントリーは1時間足で考える。

デイトレードでは4時間足で方向を決めて、1時間足のサインでエントリーする。

デイトレードで考えると日足で大きな流れを考えて、4時間足でエントリーするというやり方でもそれなりに上手くいくと思う。

けど1時間足でエントリーのサインを見れるようになれば、無駄なエントリーを減らせるし、利食いの精度も上がる。

基本的な順張りと逆張りの形

まずはラインチャート。

Nは順張りで小さな押し目になっている。M(W)は逆張りで小さな転換になる。

ここで重要なのは赤いライン。

このラインがサポートになるのか抵抗になるのかで値動きが変わってくる。

ローソク足で見るとこんな感じ。

実際のチャートではここまでキレイな形はあまりないんだけど、パターンを考えるにはこれでいいと思う。

ポイントになるのは星マークをつけたところ。

上に抜けるときは赤いラインを抜けている。逆に抜けないときは赤いラインでヒゲをつけて抵抗している。

星マークの手前の足も重要で特に逆張りの場合、赤いラインの上にヒゲがあってはっきり抵抗しているのがわかる。

1時間足で長いヒゲをつけたり、コマ足やピンバーなら順張りはちょっと危ないかなと思う。

ヒゲは方向を考えるのにとても重要。よく見たほうがいい。

エントリーポイントは星マークの次の足。

【順張り】赤いラインを抜けた後、下にヒゲを付けたのを見てエントリーする。コマ足やピンバーなら入りやすい。損切りするならヒゲ先。

【逆張り】星マークのヒゲを見てエントリーでもいい。もしくは星マークの足の安値を割ったところでエントリーする。


今度は別のパターン。こっちのがちょっと難しい。

さっきのパターンを逆さまにして反対にしたような形。順張りが小さな転換のようになる。

逆張りは少し下げた深いところから、さらに下に抜けるのでちょっと入りづらい。

ローソク足で見てみる。

星マークの足がポイント。さっきとは逆で上に戻すときは赤いラインでヒゲをつけて抵抗している。下に抜けるときは赤いラインを割っている。

このパターンは形だけで見ると判断に迷うのでちょっと頭を使う。

例えば左の順張りの場合は、赤いラインの辺りにサポートラインがあればエントリーしやすい。トレンドの勢いや移動平均線も目安になる。

右の逆張りの場合。4時間足がコマ足で止まったなら逆で考えられる。手前で30分足がきれいな形で反転しているから逆で勝負してみようとか。

一応エントリーポイントも。

【順張り】星マークのヒゲを見てエントリーするか、星マークの足の高値を割ったところで入る。コマ足やピンバーではっきり抵抗すれば勝負しやすい。

【逆張り】これは結構悩む。30分足が転換してるなら星マークの手前の足のヒゲを見て勝負できる。赤いラインを割るところで入って勢いがないなら早めに逃げるとか。

逆張りはどうしても少しギャンブルぽくなってしまうので無理はしない方がいい。基本的には順張りで構えた方がいいパターンだとは思う。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。
それとFXで聞いてみたいことがあれば気軽にコメントください。私もFX初心者だけど頑張って答えるよ!


主婦・お小遣い稼ぎランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です