【2020年6月】10万円くるくるワイド運用実績。2回目終了。

デモ口座でくるくるワイド2回目の運用が終了しました。運用結果の報告です。デモ口座はAxioryを使っています。

かなり間が空いてしましましたが、くるくるワイド2回目の運用結果を報告しようと思います。前回の記事は2020年3月でした。

約8カ月の運用で5万円のプラス。利回りは50%を達成。

くるくるワイド2回目の運用は今年の6月くらいに終了しています。ちょうど口座資金が15万円になったところで全決済しました。

スクリーンショットを撮ったと思ったのですが、スマホを変えたりしたので画像がちょっと見当たらなかったです。

5月に入って一時115円を割る展開になって含み損が増えて苦しくなりました。そこを耐えたら一気に上昇。トラップが本体と同数となったところで終了しました。

くるくるワイド2回目のスタートは2019年の10月後半です。終了まで8カ月。利回りは50%で約5万円のプラスになりました。

くるくるワイドを始めたのが2019年の7月。1回目はほとんど利益は出ませんでしたが、2回目で50%達成。

1年間でも50%の利益になりました。これは私としては満足できる結果です。

スタート直後の逆行に苦しみながらなんとかプラスで終えた1回目。コロナ相場に翻弄され、浮き沈みを経験しながら50%を達成した2回目。

年率100%とはいきませんでしたが、FXってなに?というところからはじめたわけですから上出来です。

今後のくるくるワイドの運用方針。くるくるワイドとフィボナッチは相性が良さそう。

2回目が終了してからは、くるくるワイドはちょっとお休みして裁量トレードの勉強などをしていました。なかなかこれだという手応えはなかったのですが、最近知ったフィボトレードという手法はかなり納得できました。

くるくるワイドとは全く違うトレードですが、ひとつ魚屋さんと同じことを言っています。

「撤退したらそこで試合終了だよ。」みたいな感じのこと

まずは相場で生き残ることを第一に考えなさい。生きていればいくらでも安全なチャンスを掴めるのだから。

なんか戦場に似てますね。新兵はまず生き残ることを考えなければならない。歴戦の古兵は皆生き残る術に長けている。戦場で長く生きていれば戦果は自ずとついてくる。

くるくるワイドの運用もまずはリスクヘッジです。どんなことがあっても運用破綻だけは避けなければなりません。

FXや株もそうですが、それをやること自体にリスクがあります。口座破綻したら撤退するしかありません。そこで試合終了です。

シビアな世界ですね。だから得られるリターンも大きいのもかも。

フィボトレードはまだ勉強をはじめたばかりですが、フィボナッチはくるくるワイドに使えそうだなと考えています。

簡単にフィボナッチを説明すると、反転ポイントなどを先回りして予測することができます。最近よく見るようになったハーモニックパターンなんかも同じです。これはくるくるワイドの複利や固定ポジションのストップに使えそうな気がします。

もちろん裁量が上手ければヘッジトレードの効率が上がってそれだけでも運用はかなり楽になるはずです。

開始直後に逆行すると苦しい「くるくるワイド」ですが、スタートするタイミングももっといい方法があるかも。

相変わらずまとまらないですが、また「くるくるワイド」も頑張ってみようと思います。

【無料ダウンロード】くるくるワイド検証インジケータ

【無料ダウンロード】くるくるワイドEA(ほぼ完全版)

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。
それとFXで聞いてみたいことがあれば気軽にコメントください。私もFX初心者だけど頑張って答えるよ!


主婦・お小遣い稼ぎランキング

“【2020年6月】10万円くるくるワイド運用実績。2回目終了。” への2件の返信

  1. 参考にさせていただいています。
    くるくるワイドの記事、とても楽しみにしております。

    それと当方の理解不足で恐縮なんですが、
    1月に挙げられていた、日利1%を目指す という記事について、
    もしよろしければ損切り等のルール込みで具体例を紹介いただけると幸いです。

    1. たなたなさんコメントありがとうございます。

      日利1%についてはちょっと思い出しながら書いてみようと思います。少々お待ちください。

ボンポチ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です