トラップの小さな利益を大きく増やす複利の仕組み

前回の話はくるくるワイドの守りの部分です。今回はくるくるワイドの攻めの部分を説明していきます。

よくよく考えてみれば分かるんだけど、いくらしっかり守っても、守っているだけでは勝てない、利益が出ない、伸びないんです。

チャンスに攻めないということは損失なのだから。

くるくるワイドはルールを守れば負けないという大前提があって、攻めのスタートはまずここにある!

「負けないのであれば攻められるよね!」ということ、 自分で書いててなんだけど、こいつは何を言っているんだ???
なんだか言いたいことがちゃんと伝えられるか不安になってきたよ。

えーと、負けないのであれば攻められるということは、つまりマイナスにならない範囲で攻めるということで

例えば初期資金を10万円から初めて、現在101,000円で1,000円の利益が出ている状態だったとする。

この1,000円の範囲内でトレードすれば初期資金の10万円を下回ることはないよね。つまりエントリーしてマイナス1,000円になったら決済してしまえばいい。

この説明で伝わったかな。

これが負けないのであれば攻められるということ。最初にどのくらいマイナスになったらやめるのかを決めてトレードをすればいいんだ。簡単だね。とてもシンプルなルール。

考えてみればこれは当たり前のことで実際の生活でも一緒。持っているお金以上は使わない。お小遣いの範囲内で買い物をするってことだよね。

じゃあその最初の1,000円、お小遣いはどこからでてくるのかと言うとトラップです。トラップの利益を使って、さらにトレードをするんです。 くるくるワイドではこれを「複利」と呼んでいます。

くるくるワイドを実践する上で「複利」の考え方はとても重要なのでしっかり覚えてください。

複利は本体と同じ方向にポジションを建てます。

本体がロングだったら複利もロング(買い注文)、本体がショートだったら複利もショート(売り注文)ということね。
この時にいくらマイナスになったら決済してやめるのかを決めてポジションを建てるのがポイント!

ここで用語解説。

ポジションがマイナスで決済して損失を確定させることを「損切り」といいます。反対にポジションがプラスで決済して利益を確定させることを「利食い」といいます。

  • 利食い=ポジションがプラスで決済して利益を確定させること
  • 損切り=ポジションがマイナスで決済して損失を確定させること

つまり複利を建てる時にいくらマイナスになったらやめるのかを決めるということは、損切りのライン(価格)を決めるということだね。

「利食い」と「損切り」はよく使う言葉なのでしっかり覚えてください。

ここからまた本題。

複利を損切りするライン(価格)はくるくるワイドをスタートしたときに予め決めておくんだけど、魚屋さんの解説書「くるくるワイド投資術」では、このラインは3本で考えるのが基本です。

ここでは説明を簡単にするために1本で考えると

本体の建値100円でくるくるワイドをスタートしたとして、複利の損切りのラインは97円に設定しました。

トラップの利益が1,000円で現在の価格が98円。

今、1,000通貨、建値98円で複利をエントリーしたとします。

仮に97円になったとしたら1,000通貨✕1円でちょうど1,000円の損失です。
トラップの利益が1,000円なのでプラマイゼロ。これならマイナスになってないよね。お小遣いの範囲内の買い物だ。

この考え方でトラップの利益があがる度に複利のポジションを建てていって、本体がゴールに到達したときに複利も一緒に決済します。

1本1本のトラップの利益は小さいけど、複利を建てることで最終的に大きな利益を達成できるようになっているんですね。すごいですね!

実際のくるくるワイドでは複利の損切りのラインが3本になるのでちょっとややこしくなるんだけど、「くるくるワイド投資術」に計算方法が書いてあるのでそれ通りに計算すれば大丈夫。複雑な計算ではないので電卓とメモ帳があれば誰でもできます。

今回の話はちょっと難しくなっちゃったかな。

けど、複利の考え方はある意味くるくるワイドの本質なのでとても重要だと思うんだよ。

トラップ1本の通貨量は本体に比べれば何十分の一だから、トラップ1本の利益は微々たるものです。でも

少ないけど利益なんだよ。小さいけどチャレンジできるんだよ。

少ない利益だけど、積極的に動かして、小さなチャレンジを繰り返して、少しでも増やすアプローチを続けるということが大切なんです。
相場は絶えず上がったり下がったりを繰り返す波なので、トラップは1日に数回は決済して利益があがります。

くるくるワイドのルール通り複利を建てていけば、自然と小さなチャレンジを何度も何度も繰り返すことになっているんです。ホントくるくるワイドはよく考えられてると思うよ。

複利の考え方はややこしいし、ましてや実践するのはもっと難しいんだけど、そんなことを知らなくてもルールに従って複利を建てて行くだけだからね。

投資についての知識がなくても高度な投資法を知らず知らずの内に実践してる。くるくるワイド恐るべしだね。

もうちょっと書きたいことがあったんだけど、思ったより大分長くなってしまったんで今回はこの辺でおしまい。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。
それとFXで聞いてみたいことがあれば気軽にコメントください。私もFX初心者だけど頑張って答えるよ!


主婦・お小遣い稼ぎランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です